3分で出来る!睡眠障害を克服するための5つの対策

3分で出来る!睡眠障害を克服するための5つの対策

人生の3分の1を占める睡眠には、人間の体と脳を休息させるための大切な役割があります。
ぐっすり眠って1日の疲れを取り、また翌日元気に過ごすためにも、毎晩の睡眠は出来るだけ質の良いものでなければなりません。

しかし現代社会では5人に1人が不眠症や過眠症などの睡眠障害を抱えており、睡眠に何らかの不安を抱えていると言われています。
睡眠障害の原因は人それぞれであり、症状もそれぞれですが、必ずしも病院を受診しなくても、改善出来る場合もあります。

ここでは、今すぐ実践出来る自宅で睡眠障害を克服するための対策についてご紹介しましょう。

自宅で出来る睡眠障害対策

生活習慣を整える

毎日の就寝時間や起床時間に大きな差があると、体内のリズムは崩れがちになります。
ホルモンの分泌にも乱れが生じ、睡眠障害を起こしやすくなるのです。

就寝時間や起床時間だけでなく、食事の時間や入浴の時間なども毎日出来るだけ一定にし、体内リズムを整えるようにしましょう。
寝る前にぬるめのお風呂に入ったり、静かな音楽を聴いたり、朝起きたらまず日光を体に浴びることを日課にするのはおすすめですよ。

寝心地の良い環境を作る

質の良い睡眠のためには、寝心地の良い環境で睡眠をとる必要があります。
マットレスや枕などの寝具を良いものに変えたり、照明器具を心地よいものにするだけでも、ぐっすり眠れるようになる場合があるのです。

特に女性は寝る時、ブラジャーやガードルなどの下着を付けないで寝るようにしましょう。
体系維持のために下着を付けたまま寝ている人も多いようですが、体が締め付けられている状態だと熟睡は出来ません。

また、寝室を適度な湿度で保つことも大切です。
湿度が50~60%になるように、必要であれば加湿器を利用しましょう。

就寝前にカフェインを摂らない

ご存知の通りカフェインには眠れなくなる作用がありますので、就寝前の数時間はカフェインを摂らないように心がけましょう。

また、眠れないからと言ってアルコールを摂取する人も多いようですが、アルコールには深い眠りを妨げる作用があるので、これは逆効果です。

適度な運動をする

人間は上昇した体温が下がり始めるころに、眠気を感じるようになっています。
軽いウォーキングやジョギングなどで体温を上昇させると、下がり始めるまで約2時間かかりますので、運動をした2時間後に布団に入れるようにすると効果的ですよ。

食生活を見直す

消化不良を起こし、胃もたれしている状態では熟睡出来にくいものです。
高脂肪高カロリーな食事は出来るだけ避け、消化の良い和食中心の食生活に変えていきましょう。

最後に

このように睡眠障害対策は、誰にでも簡単に実践可能なことばかりです。

もちろんこのような対策を実践しても睡眠障害を克服出来ない、という人は多いでしょうが、やってみる価値はあるはずです。
まずは今すぐ始められる睡眠障害対策を試してみてはいかがでしょうか?

こちらの記事もおすすめです

子育てサポートベビーシッター
ベビーシッターの情報サイト。子どもが好きでベビーシッターとして働きたい方、子育てが忙しくてベビーシッターに仕事をお願いしたい方の疑問や悩みを解決します。

二日酔いを防止する方法
頭痛に悩みたくないのなら、二日酔いにならないための予防方法と、早く治すための改善方法を学びましょう。二日酔いを防止するためのちょっとしたコツをお教えします。

関連記事をもっと読む