あなたは誤解しているかも。睡眠障害の現実と最新治療法

あなたは睡眠にどのような役割があるのかをご存知ですか?

ただ単に疲れを取るだけではなく、記憶を脳に定着させたり、体の免疫機能を向上させる上で、睡眠は非常に重要な役割を果たしています。

特に発達段階にある子供の睡眠は非常に大切で、睡眠が不足することで発達障害を起こす危険性もあるのです。

そんな大切な役割を果たす睡眠が、何らかの要因によって妨げられる「睡眠障害」によって悩まされている人が、今実に増えてきています。

睡眠障害と聞くと「不眠症」、「眠れない」というイメージがありますが、単にそれだけのことを言うわけではありません。

睡眠障害について詳しく知っておきましょう。

睡眠障害の現実と最新治療法

睡眠障害とはどのようなものを言うのか、なぜ起こるのか、そして最新の治療法にはどのようなものがあるのか、まとめてみました。

睡眠障害とは

睡眠障害とは、何らかの要因によって睡眠に問題が起こることを言います。

例えば「布団に入っても寝付けない」、「寝つきはいいのに夜中に何度も目が覚める」、「朝起きたとき寝た気がしない」、「朝やたら早く目が覚めてしまう」、「十分に寝ているはずなのに、日中ひどい眠気に襲われる」。

このような症状は、すべて睡眠障害と考えられます。

問題は、睡眠障害によって熟睡出来ない状態が続くことで、慢性的な睡眠不足に陥り、集中力や注意力が低下したり、日中の眠気による事故などといった事態が起こることです。

睡眠障害は早期に対策を練ることで簡単に改善出来る場合もありますので、まずは自分が睡眠障害であるということを自覚することが大切です。

睡眠障害の原因

睡眠障害の原因は人それぞれです。

睡眠時無呼吸症候群やいびきなど身体的疾患が原因になっている場合もあれば、ストレスや生活リズムの乱れが睡眠障害を引き起こしている場合もあります。

身体的疾患や精神的疾患が原因の場合は、それらを治療することで睡眠障害も改善する場合がほとんどですが、それ以外が原因であるなら、まずはそれを突き止めなければなりません。

睡眠障害の治療法

睡眠障害の治療法としては、まず原因を解明してから、それに合った治療法が考案されます。

精神的な問題が原因であるならばカウンセリングや抗うつ薬の処方、睡眠時無呼吸症候群にはCPAP療法や口腔内装置などが使われることもあります。

不眠症の治療と聞くと睡眠薬を飲まなければならない、というイメージがあると思いますが、睡眠薬に頼らなくても改善できる睡眠障害はたくさんあります。

いずれにしてもまずは睡眠障害の原因となっているものを突き止める必要があるので、自己判断せずに、専門家を受診することをおすすめします。

最後に

睡眠障害については、まだまだ誤解している人がたくさんいるのが現状です。

まずは睡眠障害についてしっかりと勉強し、症状と向き合う必要がある、ということを忘れないでください。

関連記事をもっと読む