豚肉を食べればぐっすり眠れる!?食生活と熟睡障害の関係

豚肉を食べればぐっすり眠れる!?食生活と熟睡障害の関係

熟睡障害を改善してぐっすり眠れるようになるためには、バランスのとれた食生活も重要なポイントです。

熟睡出来るような眠りを誘う食べ物にはどのような物があるのでしょうか。

食生活と熟睡

熟睡に効果的な食べ物

■乳製品
牛乳やヨーグルトなどの乳製品には、ノルアドレナリンやドーパミンといった不快感や興奮を減らすトリプトファンが含まれています。

熟睡のためには心身ともにリラックスし癒された状態である必要がありますので、これらを摂取することは大変効果的です。

就寝前にホットミルクを飲むとよく眠れる、と聞いたことがありますが、これは本当のようですね。

トリプトファンは小魚や大豆にも含まれていますので、夕食に積極的に取り入れてみてください。

また、乳製品や小魚には精神安定作用のあるカルシウムも含まれているので、さらに効果が期待できそうです。

■豚肉
豚肉には疲労回復効果のあるビタミンB1が豊富に含まれています。

タマネギやニラなどと一緒に食べることでビタミンB1の吸収が良くなりますので、野菜と豚肉の炒め物などは大変お勧めできます。

人間の体は疲れているとなかなか安眠出来ないものです。

また、熟睡障害によって睡眠不足が続き、体が疲れた状態になってしまっているときにも効果的です。

■レタス
レタスには催眠作用や鎮静作用があることが分かっていますので、積極的に食べることで安眠を促します。

熟睡障害をはじめとする不眠症に悩む人たちがよく食べているようです。

ただしレタスは食べ過ぎると体を冷やし、逆効果になってしまうこともあるので適量にしておきましょう。

熟睡に効果的な食べ方

■朝しっかり、夜軽く
朝食をしっかり食べることで、体温を上げてエネルギーを活発にすることが出来ます。
1日を元気に始めるためにも、朝食は多めに食べた方が良いのです。

その分、夕食は軽めに済ませてください。
大抵の人が逆で、朝は食べない人も多く、夜はしっかり食べているようですが、熟睡できる眠りのためにはお勧めできません。

就寝しようとしても胃が食べ物を消化するために働いているので、熟睡出来なくなってしまうのです。

■就寝3時間前には食事を終わらせる
就寝直前に物を食べると肥満の原因にもなりますし、消化器官が働いているので体温が上がり、眠りにくくなります。

人間の体は眠るとき体温が低くなりますので、就寝3時間前には食事を済ませるようにしてください。

ただし食べ物はNGですが、就寝前のホットミルクやハーブティーは効果的です。

最後に

熟睡を促す食べ物には様々な物がありますが、やはりバランス良く栄養を摂ることが一番のおすすめです。

上記にご紹介した食べ物を上手く取り入れながら、バランスの取れた食生活を心がけてみてください。

規則正しい食生活を送ることは熟睡障害を改善するために自分で出来る対策の第一歩なのです。

こちらの記事もおすすめです

婚活疲れ.com
最近話題となっている「婚活」に疲れたあなたに贈る。
婚活疲れの解消方法とその理由についてまとめた情報サイトです。

楽しい登山.com
山登りは老若男女問わず幅広い方が趣味としている遊びです。
しかし、登山には危険もつきもの。楽しい登山ができるよう、注意点を学び、事前準備をしっかりと行なっておきましょう。

関連記事をもっと読む