短時間睡眠で熟睡障害の悩みを解消!

短時間睡眠で熟睡障害の悩みを解消!

熟睡障害のせいで夜中熟睡できないとお悩みではありませんか?

  • 朝目覚めが悪くて起きられない。
  • 日中眠気が襲ってきて困っている。
  • 睡眠不足のせいで集中力や記憶力が低下してきた。

そんな悩みを解決するために、短時間睡眠を試してみてはいかがでしょうか?

短時間睡眠

短時間睡眠とは

短時間睡眠とは、眠りの質を向上することで睡眠の時間を短時間に出来る、という考え方から成り立っています。

人間は睡眠中、浅い眠りである「レム睡眠」と深い眠りである「ノンレム睡眠」を交互に繰り返していることが分かっています。

実は睡眠時間を減らしても、レム睡眠の割合は減るものの、ノンレム睡眠の割合は減ることはないのです。

つまり、睡眠時間が長くても短くても、ノンレム睡眠さえきちんと出来ていれば、脳や体に必要な睡眠をとることが出来る、というわけです。

いわばレム睡眠は「余分な睡眠」であり、例えその時間を削っても問題のない睡眠です。

これをコントロールしてもっと効率的に睡眠をとろうというものが、「短時間睡眠」なのです。

短時間睡眠が熟睡障害の悩みを改善する理由

熟睡障害などの不眠症に悩んでいる人は、睡眠の質よりも量ばかりを気にする傾向にあります。
「今日は何時間しか眠れなかった」と悩むことがさらにストレスになり、症状を悪化させていくのです。

人間の理想的な睡眠時間は8時間、という説がありますが、それは果たして本当なのでしょうか?

実は睡眠時間というものは人それぞれに必要な量があり、それさえ満たしていれば短くても問題ないのです。

例え3時間や4時間しか寝ていなくても、その中で効率的にノンレム睡眠が出来ていれば、朝の目覚めも良く、体や心の疲れをスッキリさせることが出来る、というわけです。

熟睡障害で悩んでいる人たちは、夜中何度も目を覚ましてしまうことよりも、朝の目覚めが悪かったり、日中襲われる眠気を何とかしたいと思っているはずです。
短時間睡眠をマスターすることが出来れば、これらの悩みは解消出来るでしょう。

短時間睡眠をマスターする方法

短時間睡眠をマスターするには、毎日少しずつ睡眠時間を減らしていくやり方が効果的です。
毎日8時間寝ていた人が突然4時間しか睡眠をとらないようになると、体を壊してしまいます。

まずはいつもより30分、睡眠時間を減らしてみてください。
その状態を1ヶ月ほど続けたら、さらに30分減らします。

このように体がその睡眠時間に慣れてから少しずつ減らしていくようにすれば、体にも心にも負担を与えることなく、自然に短時間睡眠をマスターすることが出来るはずです。

最後に

短時間睡眠をマスター出来れば、いつもは睡眠に使っていた時間を自由に使うことが出来るようになります。
この自由時間を、楽しむようにしてください。

そうすればもう、「また眠れなかったらどうしよう」という不安から解消されるはずです。

関連記事をもっと読む