ストレスが起こす睡眠障害

ストレスが起こす睡眠障害

ストレスが原因の健康不良

現在は身のまわりでも、仕事・家庭・生活環境・対人関係など様々なストレスがあり、その内容も多様化しています。

ストレスからは環境から精神的、肉体的な刺激を受け有害な影響を被るものです。ストレスが原因で起こる症状では次の3つが良く知られていますし経験のある方も多いことでしょう。

  • 睡眠障害。
  • 胃痛、胃潰瘍などの消化器系障害。
  • 不整脈などの心臓循環器系障害。

このようなことから心身のストレスを軽視すると健康にも影響し、特に自律神経に不調をきたすことが多くなってしまうのです。

ストレスと睡眠障害

神経伝達物質の増加

ストレスがある場合、一番先に出る症状は睡眠障害です。
なぜ睡眠障害が起きるかを科学的に判断すれば、脳内ではストレスが起きている現在の状況を過去の記憶と照合し、不適合と判断するとノルエピネフリンなどの神経伝達物質が多くなって覚醒中枢を刺激して不眠になってしまうということです。

更にホルモンバランスも崩れてしまい、夜間にコルチゾールが発散されると血圧や血糖値を高めてしまい覚醒しやすくなってしまいます。

睡眠リズムへの作用

またストレスは睡眠リズムへも作用すると考えられています。
人間の睡眠はレム睡眠とノンレム睡眠の2種類が交互に現れ推移していきますが、ストレスが生じるとノンレム睡眠(深い眠り)の時間を短くするという研究が発表されています。

睡眠リズムが変化すれば生体リズムにも影響を与えてしまい、睡眠不足と共に体調不良となるケースが増えてしまうのです。

睡眠障害がもたらす影響

睡眠不足の状態が続けば精神的な面にも悪影響を及ぼします。
時間に余裕を持って眠ろうとしても寝付けずに焦りを覚えて、尚更眠れなくなるという事態を生じさせてしまうのです。
こうした睡眠障害になると、睡眠障害が新たなストレスとなってしまい悪循環が繰り返されてしまいます。

ストレスは精神的な影響から緊張性頭痛などを起こすことが知られています。
この症状はストレスが多い都会の人に多くみられ、特に月曜日の午前中に多いようです。

ストレスによる睡眠障害の改善方法

睡眠障害をすぐに直す方法はありませんが、次のような方法で改善したという例を挙げてみます。

ストレスの原因を考えてみること。
就寝時ではなく、昼間の時間帯にストレスチェックを行い思い当たることは調整を図ることです。

日常生活を規則的にすること。
特に朝は屋外で日光を浴びることが大切です。睡眠・覚醒のリズムが壊れているため、朝の光はリズムを再生する重要なポイントとなります。

正常時の生活環境に戻すこと。
朝型だった人が夜遅い生活をしていたりすればリズムが乱れます。逆も同じことですが、長年続けた生活環境が変わったりしていた場合は元の生活に戻すような工夫が必要です。

一般的な対応策では、呼吸法・瞑想法・自律訓練法などがありますから試してみる価値はあるでしょう。ただ自分で行なう方法が分からないようでしたら、医師などの専門家に相談するのがよいと思います。

こちらの記事もおすすめです

婚活を始めて良い感じになった相手とデートをしても、その次に続かないことはよくあります。
なぜデートが上手くいかないのか、婚活という視点から成功するための方法を分析しました。
婚活デートでよくある5つの失敗例

関連記事をもっと読む