あなたはどれ?睡眠障害の4つの症例

あなたはどれ?睡眠障害の4つの症例

「睡眠障害」という言葉をよく耳にすることはありますが、一体どのような症状を睡眠障害というのか、知らない人は多いでしょう。
睡眠障害とは、何らかの要因により、睡眠が正常にとれない障害のことを言います。

睡眠障害と言えば不眠症をイメージする人が多いと思いますが、不眠症に限らず、過眠症や寝言、いびきに至るまで、あらゆる睡眠に関する悩みのことを睡眠障害と言うようです。
今や日本人の5人に1人は、睡眠障害の悩みを抱えていると言われています。

自分は睡眠障害なのか?
病院に行くべきなのか?
とお悩みなら、まずは自分の症状について確認してみましょう。

睡眠障害の代表例

不眠症

不眠症は睡眠障害の代表的な症状のひとつです。
不眠症を引き起こす原因となっているものには、環境の変化や年齢によるもの、アルコールやカフェインの摂取によるものなどがありますが、最も多いのはやはり精神的ストレスでしょう。

精神的ストレスが身体に影響を与え、布団に入ってもなかなか寝付けなかったり、夜中に目を覚ますと再び寝付けなくなるなどの不眠症を引き起こしているのです。
不眠症が続くと、日中だるさや疲れが取れなかったり、居眠りしてしまうなどの影響が現れ始めます。
不眠症のために夜眠れなくて、日中運転しているときに居眠りしてしまい、事故を起こした、という例は少なくありません。

過眠症

睡眠をコントロールすることが出来なくなり、日中でも過度な眠気に襲われ、居眠りしてしまうのが過眠症です。
眠気のせいで倦怠感や集中力の低下を引き起こし、日常生活にも支障をきたします。

眠ってはいけない場面でも本人の意識とは関係なく眠気に襲われ眠ってしまうので、周囲からは非常に誤解を受けやすい病気です。
過眠症の原因は明確になっていないので、的確な治療法も確立されていないようです。

睡眠時無呼吸症候群

睡眠中に何度も呼吸が止まった状態が繰り返される睡眠時無呼吸症候群も、睡眠障害のひとつです。
眠っているように見えても熟睡出来ていないので、日中激しい眠気に襲われたり、集中力が低下することもあります。

睡眠時無呼吸症候群の恐ろしいところは、高血圧や糖尿病などの生活習慣病を合併している危険性があることです。
おかしいと思ったらすぐに受診しましょう。

むずむず脚症候群

「脚がむずむずするような不快感」に襲われて眠れなくなるのが、「むずむず脚症候群」です。
むずむず脚症候群の多くが原因がはっきりしていませんが、中枢神経の障害によって起こるものだと言われています。

寝る前に脚をマッサージしたりカフェインやアルコールの摂取を避けることで改善されることもありますが、症状がひどい場合は病院で薬をもらうことも出来ます。

最後に

紹介した以外にも、睡眠障害には様々なものがあります。

  • 継続的に起こるいびき
  • 長時間続く長い寝言
  • 金縛り
  • 歯ぎしり

なども、実は睡眠障害なのです。
「眠る」という行為が人間が生きていくためにどれだけ大切なものなのかを理解し、睡眠障害を改善すべき努力が必要なのです。

睡眠障害は適切な治療を受けることで改善することが可能です。
自分の症状を知って、改善策を考えましょう。

関連記事をもっと読む