知っておきたい!睡眠障害になりやすい人の3つの条件

知っておきたい!睡眠障害になりやすい人の3つの条件

ストレス社会と言われている現代、日本人の多くが睡眠障害に悩まされています。

睡眠障害の原因となるものにはアルコールやニコチンの摂取、生活習慣の乱れや疲労、ストレスなどが考えられますが、睡眠障害を克服するためにはこれらの要因を取り除き、室の良い睡眠に変える努力をしていかなければなりません。

私たちの生活の中で、睡眠というものは非常に大切な時間です。

1日の疲れを取るだけでなく、成長ホルモンの分泌を促したり、免疫力をアップさせたり、ストレスの要因を取り除くなど、なくてはならないものが睡眠なのです。

しかし一言で睡眠障害と言っても症状は様々で、まず自分が本当に睡眠障害であるかどうか分からない、という人も多いでしょう。

実は睡眠障害には、なりやすい人となりにくい人がいます。
自分は睡眠障害になりやすいのか、ならないためにはどうしたら良いのか、考えてみましょう。

睡眠障害になりやすい人

ストレスを感じやすい人

人は毎日の生活の中で様々なストレスを感じます。
ストレスを全く感じない、という人はあまりいないでしょう。

その中でも睡眠障害になる人とならない人がいるのは、ストレスを引きずらないかどうか、ということが重要です。
日中ストレスを感じる出来事があっても、寝るときにはそれをすっぱり忘れられる人は、睡眠障害になりにくいものです。

一方、いつまで経っても嫌な気持ちを忘れられず、不愉快な気持ちのまま布団に入る人は、睡眠障害を起こしやすくなるのです。

  • 自己主張が強い。
  • 負けず嫌い。
  • 感情の切替が苦手。

自分がこのようなタイプだと思ったら、睡眠障害にはより気を付けるようにしましょう。

体を動かさない人

日中、肉体的な疲労を感じた日は、ぐっすりと熟睡できた気がしませんか?
仕事が肉体労働の人はそうでない人に比べて、睡眠障害に陥りにくいと言われています。

確かに1日中デスクワークをしていれば精神的に疲労しますが、肉体的な疲労と比べると睡眠の質は落ちるようです。

特に頭は使うけれど体は動かさない、例えばお医者さんのような職業の人は、睡眠障害を起こしやすいと考えられるでしょう。

「運動不足だな」と思ったら、日中意識的に体を動かすようにしたり、就寝前に軽い運動をしてみると良いでしょう。

思い込みが激しい人

例えば「自分は不眠症で、全然眠れていない」と思い込んでいても、実は意外と熟睡出来ているので身体的には何の問題もない、という人もいます。

自分は睡眠障害だと思い込むことで、「今夜も眠れなかったらどうしよう」、「寝不足が続いているので体調が悪い気がする」と不安に思い、本当の睡眠障害を引き起こしてしまうのです。

そういった思い込みは捨て、何も考えずに就寝状態に入るようにしてください。

最後に

その他にももちろん、日中カフェインやニコチンを多量摂取する人は、深刻な睡眠障害になる前に摂取を控えるようにしましょう。

また、格闘技などの観戦が好きな人も睡眠障害になりやすいようです。
これは交感神経が刺激されることが要因になっていますので、就寝前のテレビ観戦は避けた方が良いでしょう。

こちらの記事もおすすめです

単身赴任や転勤をする時に、知っておきたい知識について。
突然言い渡される海外赴任や転勤の時、どのようにあいさつや準備を済ませればよいのかまとめました。
転勤

飲み過ぎは良くない栄養ドリンクや健康飲料の話。
もっともよく効く栄養ドリンクはどれか?また飲むときの注意点やタイミングについて。
栄養ドリンク・健康飲料ガイド

関連記事をもっと読む