不眠ノイローゼが招く睡眠障害

不眠ノイローゼが招く睡眠障害

不眠ノイローゼとはどんなもの?

一般的に最も多くみられる不眠は神経性不眠といわれるものです。
これは眠れないことに神経質な位の反応をしめして過度の緊張をもってしまうものです。

こういう患者が外来受診者数の半数以上といわれていますから、一般的な不眠症はこのタイプが多いといえるでしょう。

このタイプが悪化すると睡眠以前に不眠出来ないことに悩んでしまい、更に眠れなくなるという悪循環に陥ってしまうのです。
これが不眠ノイローゼといわれるもので、基本的な不眠になる根本問題の解決が後まわしになってしまいます。
こういう状態が続けば明らかに睡眠障害といえるでしょう。

神経性不眠は眠れていることが多い

ここで考えなくてはならないことは、神経性不眠を訴えてくる患者が本当に眠れていないのかという疑問です。
訴えが強い患者に何日か病院での睡眠ポリグラフ検査を受けてもらうと不安定な睡眠がみられる場合はありますが概ね熟睡しているということです。

つまり睡眠がとれないという患者は、不眠の原因となるものを考えすぎるために、眠ったという実感が湧かないといえるのです。

睡眠への安心感が不眠ノイローゼを防ぎます

神経性不眠を訴える患者は女性の方が多く、年代としては思春期が多くなっており、感情が豊かな方に多いといえそうです。
自分でどうしても眠れないと感じたら、医師などの第三者に相談することが大切です。

客観的に睡眠時間がとれていると感じれば、睡眠へ不安がなくなります。
そのままでは睡眠障害となる危険性がありますから気を付けましょう。

こちらの記事もおすすめです

パートナーエージェントの評価!成婚率は22%と驚異的
仕事が楽しいからまだまだ結婚には興味がなくても、30歳を目前にしてそろそろ婚活くらいは始めようかと思っている人も少なくはないそうです。
そんな「アラサーの婚活」について、多くの経験談を集めてみました。

生より劣る?冷凍カット野菜の栄養価とは
カット野菜って本当に便利です。
共働きで毎日帰りが遅くなる夫婦も子育て中で目が離せない主婦の方にぜひ使っていただきたいです。
野菜を洗う、切るという手間がないので、時間がない時でもあっという間に料理が完成します。カット野菜があってよかったです。

関連記事をもっと読む