CPAPを上手に活用するためには

CPAPを上手に活用するためには

睡眠時無呼吸症候群(SAS)について

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは、睡眠時に10秒以上呼吸が停止する無呼吸が5回以上繰り返される病気です。
よくいびきをかく=睡眠時無呼吸症候群など正しく理解されていないことがあります。

睡眠時無呼吸症候群は、太っている人がなる病気であり、痩せている人はならないとの誤解されている時があります。
空気の通り道である上気道が閉塞(狭くなる)ことによって、引き起こされます。

空気の通り道の問題なので、顎が細くて、小さい人もなりやすいとされています。
痩せているから大丈夫!と自己判断するのは避けましょう。必ず、専門の医師の診断を受けてください。

睡眠時無呼吸症候群の症状について

睡眠中に体内が酸素不足になってしまうため、さまざまな症状が引き起こされます。
日中の眠気やだるさが代表格です。車の運転中の強い眠気に繋がるため、交通事故の原因にもなりえます。

夜中に目が覚める、起きた時の頭痛、インポテンツなど一見すると睡眠時無呼吸症候群とは関係ないような症状もあります。
体内の酸素不足によって、血液が正常に回っていないことによるものです。

また、仕事の効率にも影響が出てしまいます。ビールを1本~2本飲んだ人と、重症の睡眠時無呼吸症候群の患者では、作業でのエラーが睡眠時無呼吸症候群の患者の方が多かったという実験もあるぐらいです。

睡眠時無呼吸症候群は死を招く病気だといわれています。
しかし、睡眠時無呼吸症候群になったからといって、すぐに呼吸が止まって死に至るという意味ではありません。
呼吸が睡眠中に止まることで、高血圧や不整脈などの生活習慣病を引き起こす症状が出やすくなります。

治療をしない場合、心筋梗塞や脳梗塞で突然死する可能性があるので、睡眠時無呼吸症候群は「死を招く」「死に至る」といわれているのです。
早期治療を行えば、脳梗塞や心臓疾患のリスクもおのずと軽減されます。

睡眠時無呼吸症候群の検査とは

睡眠時無呼吸症候群にはどのような治療が必要なのでしょうか?
まずは、医療機関の専門医に受診するようにしてください。

睡眠時無呼吸症候群は、終夜ポリグラフィーという機械を使った検査が一般的です。
睡眠状態と呼吸状態、動脈血酸素飽和度、体位、心電図、脳波などをトータルに検査するので、睡眠時に電極をつけて行います。

終夜ポリグラフィーは、1日検査入院する方法がほとんどです。
医療機関によって違うので、事前に確認しておくとよいでしょう。

入院の場合、夜から朝にかけて検査を行います。
朝8時ぐらいまでに終わる検査です。

個室で検査をおこなう場合が多いので、個室費用などがかかります。
事前に検査の流れと、どれぐらいかかるのか、問い合わせておきましょう。

CPAP(シーパップ)療法について

CPAP(シーパップ)とは、夜、眠る時に、呼吸器と接続した鼻マスクを装着して、空気を送り込んでのどの閉塞を防ぐ治療法です。
額と鼻の2箇所をベルトで固定する、酸素マスクのような機械を使います。

空気の通り道が人工的に作られて、酸素が体内に供給されることにより、昼間の眠気やだるさなどがはっきりと軽減されるといわれています。

CPAPは健康保険が使えます

終夜睡眠ポリグラフィーによる検査の後、医療機関でレンタルすることができます。
3割負担の場合、装置自体のレンタル料は毎月4000~5000円程度だといわれています。

軽度の場合、CPAP療法ではなく、マウスピース装着をすすめられる場合があります。
マウスピースはのどを広げる効果があり、健康保険が適用されます。CPAPを医療機関でレンタルした場合、1ヶ月ごとの定期的な受診が必要です。

CPAPの種類

CPAPには「固定型CPAP」と「オートCPAP」の2種類があります。固定型CPAPは、小型で軽量なので楽な反面、一定の圧力を送り続けるため、呼吸の状態によって装置の圧力を変えてくれません。

オートCPAPは細かな設定ができます。呼吸の状態や気道の閉じ具合によって、圧力を変えることが可能です。
しかし、呼吸の変化をうまく機械が読み取れないタイプの人には不向きだとされています。

いろいろなタイプのCPAPがあるので、医師と相談しながら決めるとよいでしょう。

不快を感じる場合の対処法

CPAP療法を始めて間もない時は、鼻から送り込まれてくる空気に慣れなくて、不快感を覚える人もいます。
使用するにつれて、徐々に慣れてくる場合がほとんどです。

それでも、CPAPの不快感を訴える人は、装置を正しく装着できていない場合があります。
主に次のようなポイントを確認するようにしてみましょう。

空気が漏れていないか確認する。

目元・口元の空気漏れがないか、確認しましょう。正面を向いて、顔と装置が平行になるように装着した後は、横を向いて微調整するようにしてください。

空気が漏れていた場合

額アーム角度ボタンで調整します。マスクの下から漏れていると感じたら、アーム角度ボタンを上に動かして、マスクの重心を下にもっていきます。

目の方から漏れている場合はアーム角度ボタンを下に動かして、マスクの重心を上にもっていきます。

ポイントは重心をもっていきたい方向と、逆にアーム角度ボタンを動かすことです。装置によって、この法則があてはまらない場合もあります。説明書を確認するようにしてください。

ヘッドギアは締めすぎない

夜中に落ちてはいけないからと、耳の下の留めひもや、ヘッドギアを締めすぎる人がいます。
ヘッドギアは、長い状態からゆっくりと締めていき、ちょうどよいと感じたところで調節してください。

正しい使用法によって、CPAPの不快感はなくなります。仰向けではなく、横向きで寝るのもひとつの方法です。
横向けになると、舌や軟口蓋が下に下がってしまうことで、空気の通り道を塞いでしまうことが少なくなります。

しかし、寝るときの体の向きを変えるのは至難の業です。ぶ厚く丸めたタオルをパジャマの下にあてることで、仰向けを防いでみるのもおススメです。
横向きをうながすCPAP療法専用の枕もインターネットで発売していますので、活用してみるのもよいでしょう。

少数ではありますが、鼻腔に直接差し込むタイプ、鼻から口を覆うフルフェイスタイプのCPAPを用意している医療機関があります。
医療機関を選択する時は、レンタルできるCPAPの種類の多さも含めて、比較検討するとよいでしょう。

装置はきちんとケアしましょう

装置は1週間に1回はケアが必要です。中性洗剤で洗ってから、陰干しするのが一般的ですが、医療機関に事前に確かめるようにしてください。
加湿器タイプの場合は、水の追加や交換を忘れないようにしましょう。

手術という選択肢とリスク

正しい装着法をしても、CPAPが生理的に受け付けない人もいます。
その場合、手術でのどを広くする、口蓋垂軟口蓋咽頭形成術(UPPP)があります。

手術というと、根本的な解決法にきこえますが、広くしたのどがまた狭くなってしまう例が報告されています。
手術以前の状態に逆戻りしてしまう可能性も無視できません。

レーザーによる治療なども開発されていますが、治療効果について十分に検証されていません。
外科手術やレーザー治療は、慎重になる必要があります。

根本的な解決策は、ダイエット

太っている人の場合、根本的な対策は「ダイエット」につきます。
CPAPは空気の通り道をよくする対症療法に過ぎないからです。

根本原因となる、脂肪によって塞がれている空気の通り道を、脂肪を取り除いてあげることによって広くすることが大切なのです。
食習慣を変えるのは簡単ではありませんし、労力と時間もかかりますが、体重の5%~10%減らすだけでも、効果が出るとされています。

ダイエットも急激な減量ではなく、ゆっくりと焦らずにおこないましょう。
CPAPを上手に活用して、合わせてダイエットを行うのがベストな治療法だといえます。

こちらの記事もおすすめです

株価の上昇にともない、企業情報データブック「会社四季報」が売れています。
財務分析の基礎としても役立つ四季報の見方について、わかりやすくまとめたサイトです。
http://会社四季報.com/

関連記事をもっと読む